素人人妻熟女に中出しまでした僕のサクセスストーリー

これはある男の奇跡にも近い運命の物語である…なんて大袈裟なオープンで始めちゃいましたが、単に僕が経験した超ツイてる体験談です(笑)。素人の人妻さんとエッチしたいと前々から妄想してた僕が、ひょんなことからある熟女さんと中出しまでしたサクセスストーリーです(笑)。
元々、性欲の強い僕は常日頃から素人の人妻や熟女とエッチして中出ししたいなぁ~なんて妄想してたんです。でも、当然、僕はそんなことが実現するような男前でもないですし、性格も人見知りで女性とまともに話すら出来ないダメ男ですから…。だから、いつも寝る前とかにバイト先で出会った素人の人妻とイイ感じになり、ホテルへ入る。そして、その熟女とヤリまくって最後は中出しする…なんて想像をしながらオナニーばかりしてたんです。
オナニーする時は何も妄想ばかりじゃありませんよ。AVを借りてきて見ながらマスターベーションすることだってあります。もちろん、好きなジャンルは素人モノで、人妻や熟女に中出しする作品ですよ。そんなオナニーライフを送る僕はフリーターで、ある工場でバイトしています。簡単な軽作業なんですが、そこに新人の人妻さんが入ってきたんです。大原さん(仮名)という女性で、見た目はたぶん40代後半くらいの熟女さん。彼女はこうした仕事の経験は全くない素人さんだったので、経験のある僕が彼女に仕事を教える係になったんです。この時、まさか、この女性と中出しすることになるなんて夢にも思っていませんでした…。
僕はいつも素人モノの人妻や熟女に中出しするAVを見ていましたが、以前、職場の女性に逆セクハラを受ける企画モノを見たことを思い出し、この大原さんが逆セクハラ的に僕を誘ってこないかなぁ…なんて妄想してたんです。で、仕事を教えている時のこと。ここの工場は皆んな白い作業着で仕事するのですが、彼女が物を取るのに前かがみになった瞬間、白いズボンのお尻の部分がパッツンパッツンになり、パンティのラインがクッキリと見えたんです。それを僕はガン見してしまい、興奮と欲情したことは言うまでもないでしょう。その日からその熟女のヒップに釘付け。素人の人妻のヤラしいお尻は最高ですよ。もう中出しのことなんて忘れて、彼女のお尻にばかり集中してまひた。
しかし、ある日、僕の耳元で彼女が言ったんです。「いつも私のお尻を見てるでしょ?」と。ヤバイ、バレてた…。恥ずかしい…。いつも素人モノの人妻や熟女が中出しされるAVでオナニーしてた僕が、大原さんのお尻をオカズにオナニーしてたことも、きっと彼女は察しているに違いないない。ところが彼女から続けて発せられたのは意外なセリフ「今度は生で見たい?」と。ま、まさかのAVのような展開。ここからは長くなるので中略しますが、数日後、僕は大原さんとホテルに入り、セックスに明け暮れるのでした。それはとても素人の人妻とは思えないほどの上手さで、濃厚なエッチでしたよ。もちろん、最後は中出しまでさせてくれました。やっぱり熟女は最高です!
こうして素人の人妻、大原さんと中出ししちゃったお話を駆け足で紹介しました。こんなAVの熟女モノのような話って本当にあるんですね!